包茎手術

包茎手術のメリットデメリット・リスクと女性の意見・放置しておくと

包茎手術とは

包茎手術についての公告は、雑誌や車内公告でよく見受けますが、その内容となると千差万別で、普通の病院の泌尿科から、専門のクリニック、美容クリニックまで包茎手術を手掛ける医療機関は無数にあります。

 

それぞれ包茎手術としては、基本的なことはペニスを覆っている包皮を取り除くと言う意味では同じですが、その手術の仕上がり具合で、手術法も区別されます。

 

通常行なわれている泌尿科の手術は、包茎による弊害を取り除くための手術として、手術後に関して、特別配慮されていません。

 

専門クリニックや美容クリニックでは、手術による障害の解決だけでなく、術後の傷跡にも配慮されたものと言えます。

 

健康保険の適用、非適用でも区分されますが、保険適用範囲で行なう包茎手術は真性包茎のみで、特別綺麗な仕上がりには配慮されていません。

 

包茎手術の具体的な術法は、ペニスを覆っている余分な皮膚を切除する手術が一般的ですが、切除しないで包皮を広げるように矯正する手術もあります。

 

仮性包茎・真性包茎・カントン包茎で手術内容は変わりませんが、真性包茎で亀頭と包皮が癒着が起こっている場合は、包皮の切除だけではなく癒着を取る施術も行なわれます。

 

太った人に見られる埋没型包茎は、下腹部に脂肪がたまり陰茎を埋没させてしまう状態です。

 

他に先天的な埋没型もあり、靭帯が陰茎を引き込んでしまっている状態です。

 

どちらにしても通常の包茎とは異なり、手術の内容も異なってきます。

 

 

包茎手術のリスク

包茎手術というのは、みなさんとても簡単なイメージを持っている かと思います。

 

実際雑誌などの広告を見ると痛みなしですぐに できるようなことが書いてありますからね。

 

しかし、包茎手術は失敗のリスクもあります。

 

腕のいい泌尿器科の医師でも「包茎手術に絶対はない!」と言い切る難しさとがあるいいます。

 

包茎手術において、包皮を切る長さというのは長すぎず、短すぎず というものでなくてはいけません。

 

包皮の残りが長すぎると、亀頭に皮がかぶった状態になってしまうし 逆に包皮が短く残ってしまうと、勃起したときに皮が足りなくなって ペニスがつっぱってしまい痛みや違和感を感じることがあります。

 

そのため、事前に医師はペニスの膨張率などを測定し 包茎手術を行うことになります。

 

悪徳な医師でこの工程を適当にすませておくと包茎手術が 失敗する可能性が高まるということです。

 

 

包茎手術のデメリット

包茎手術を受ける場合には、そのデメリットも良く知っておかなければなりません。

 

包茎手術のデメリットとしては「保険適用外の手術を受けると、高額の医療費が必要となる」ということが、大きいです。

 

日本では、真性包茎の手術には健康保険適用が受けられますが、ほかの手術には高額な手術費用が必要となります。

 

また、包茎手術のあとには、性的な感度が劣るようになる、とも言われています。

 

欧米では、割礼を行って、新生児・幼児のうちにペニスの先端をほんの少しだけ切ってしまう、ということが行われています。

 

このことは、性的に未成熟な間に包茎手術を行ってしまうことで、性的な違和感を解消するという効果があります。

 

しかし、日本ではそういう方法が行われていません。

 

また、包茎手術を行っている医療機関が、乱立し始めています。

 

男性もエステに通ったり、美容整形手術を受けたりするなど、外見への関心が高まっていますので、美容外科・泌尿器科などが、男性専門のクリニックとして、乱立するようになってきています。

 

またEDと包茎とは関連が深いので、そうした治療を行うクリニックもあります。

 

このような中で「自分にあう治療を行ってくれる医療機関」を探すことは、根気が要る作業です。

 

いきなり高額の包茎手術を勧めてくるようなクリニックには、注意が必要です。

 

包茎に対する女性の意見

包茎に対する女性の意見は、男性にとって果てしなく気になる部分です。

 

実際に女性にも様々な意見がありますが、総合的に見た場合、どうしても悲観される意見が多いのは間違いありません。

 

しかし、中には好印象な意見も確実に存在していますので、あまり落ち込みすぎないようにしましょう。

 

まず女性の大半の方が抱く感情としては、不潔というイメージが最も大きくなります。

 

これは風評という影響が大変強く、子宮ガンになるのは、男性が包茎のため等という、嘘八百が流れたためです。

 

実際には感染症を起こす可能性がゼロではなく、その影響からガンになっていくという事が絶対に無いとは言えず、ダイレクトにガンを引き起こすというのは間違いなく嘘です。

 

世界中で包茎に関する研究がされており、科学的にも普通に立証されていますので、男性からこういった思い込みを解消していく努力を忘れずに。

 

ただ、女性は清潔さという事に非常に敏感な生き物です。

 

不潔、臭いというイメージが包茎にあるようですが、これは包茎であろうとなかろうと、全ての男性に言える事です。

 

事実、包茎の男性でもしっかりと普段からケアをしている人のペニスには、嫌悪感を示さない女性も数多くいます。

 

逆に包茎でないと安心しきり、不潔にしている男性に嫌悪感を表している女性も少なくありません。

 

ようするに、しっかりとケアが出来ていれば問題はないという事です。

 

次に男性が気になるのが、セックスにおける快感の度合い差。

 

これも女性の膣の形状と、男性のペニスの形状の相性といった問題があるために、一概には言えないというのが現状です。

 

ただし、亀頭部分のこすれにより得られる快感も確実に存在しますので、この点に関しては包茎が絶対に不利と言えます。

 

しかし気にしない女性はまったく気にしていないので、あまり思いつめてしまうのも考え物です。

 

以上これらの事が代表的な女性の意見という事になりますが、これらは仮性包茎に対する女性の意見となりますので注意が必要。

 

真性包茎、カントン包茎の場合は、不衛生、不感症の原因にもなりかねませんので、早急な対策が必要不可欠となってきます。

 

また真性包茎、カントン包茎の方とセックスをした事があるという女性は大変少なく、実際のデータはかなり不足気味。

 

しかし科学的に、というよりもその性質的に不潔であるという事は紛れもない事実ですので、こちらは女性に与える影響というだけではなく、自信が抱える今後の影響という意味で真剣に検討してください。

 

現状では女性が真性包茎、カントン包茎についてよく知らないという人も少なくありませんので、女性もこれらの知識を蓄える努力をしていきましょう。

 

包茎手術のメリット

包茎手術はいろいろな方法がありますが、基本的には亀頭を外に露出をさせ、余分になっている包皮を切除することを目的として行われます。

 

包茎手術を行うことによって、いろいろなメリットがあります。

 

まず、亀頭が外に露出することになりますから、お風呂などで直接亀頭を洗うことができるようになります。

 

ということは、亀頭が清潔な状態に改善をし、いろいろな病気になるリスクを軽減してくれることになります。

 

また、亀頭が包茎手術によって、常に外に露出することによって、外気に触れる時間が飛躍的に長くなります。

 

すると、亀頭が様々な刺激をダイレクトに受ける形となって、刺激に慣れてくるようになります。

 

包茎の人に早漏が多いといわれているのは、亀頭が外にでない分、刺激に弱くて性的刺激に敏感になっていることが原因です。

 

ですから、亀頭を外に出すことによって、その分制的な刺激にも冷静に対処することができるようになり、性交に費やす時間も延びてくるはずです。

 

また、亀頭はそれまで包皮というふたをさせられていた格好になっていました。

 

ところが包茎手術によって、ふたとなっていた包皮がなくなり、亀頭を邪魔するものがなくなります。

 

ということは、亀頭が成長する妨げがなくなったということを意味しています。

 

ですから、亀頭が縮むこともなくなり、ペニスが平たくいうところの「立派」になることも期待されています。

 

このように包茎手術を実施することによって、自分のペニスに自信を取り戻すことができるようになります。

 

ですから、風呂場でも堂々としていられるでしょうし、女性に対するコンプレックスがなくなることでしょう。

 

異性との交際も順調にいくことが期待できます。

 

包茎手術は、精神状態を改善する意味でも重要な手術だといえます。

 

 

包茎はコンプレックス?

包茎が男性にとって大きなコンプレックスになることがしばしばあります。

 

しかし包茎というのはコンプレックスになるくらい、珍しい現象なのでしょうか?

 

実は、男性、特に日本人の男性の間では、包茎になっているという人は意外なほど多いといわれています。

 

あるデータによると、日本人男性の実に6割もの人が包茎になっているといいます。

 

日本人の場合、むしろ包茎の人が多数派であるということもできるわけです。

 

ですから決して恥ずかしいことでもなんでもないということがいえます。

 

しかし包茎であるということが日本ではコンプレックスになりやすい原因として、人前で裸になる機会が多いことと関係しているという専門家の方もいらっしゃいます。

 

外国では、人と一緒にお風呂に入るという機会もそんなにありません。

 

しかし日本人の場合には、温泉をはじめとして人前で裸になる機会が多いのです。

 

また、日本人は一般的に真っ裸でお風呂に入りますから、意外と男性器を人に見られる機会が多い人種ということができるのです。

 

ですから、男性器についてのコンプレックスを抱える人が多くなっているのです。

 

逆に言うと、包茎に対して敏感になるということは、包茎についての治療の技術も最先端になるということになります。

 

需要と供給はバランスが取れているからです。

 

実際、包茎治療を専門としたクリニックは日本各地にたくさんあります。

 

包茎を治そうと思えば、比較的簡単に行うことができるのです。

 

なおかつ現在の包茎手術については、日帰りで出来てしまう方法が主流になっています。

 

ほかの人に包茎の手術を行ったということが知られることなく、手術を受けることができ、変に負い目を感じることがなくなっているのです。

 

 

包茎をほうっておくと・・・

皮膚の表面には目にみえないですが、無数の細菌が繁殖しています。

 

これは、身体に害を及ぼさない細菌が繁殖することで他から害のある細菌が来た時にも繁殖して感染するのを防ぐ役目をしているのです。

 

しかし、害がないとはいっても余りに繁殖しすぎた場合や小さい傷から体内に侵入した場合には炎症を起こす原因になります。

 

包茎の状態というと、ちょうど亀頭と包皮の間に湿った・温かい・分泌物が多い環境のために細菌の増殖に適しています。

 

そのため、亀頭包皮炎を起こすことが多いのです。

 

また、亀頭と包皮のかぶっている内側は粘膜性の皮膚(唇みたいな皮膚)になっていてウイルスが侵入しやすい構造になっています。

 

コンジロームとかヘルペスがこの部分にできるのは、構造上の理由があるのです。

 

もちろん、普通の皮膚より弱い皮膚なので小さい傷もできやすいので細菌による感染症も引き起こしやすいのです。

 

菌が繁殖すると、分泌物が分解されてニオイを出したり刺激性の物質に変わるためにカユクなったり皮膚が荒れて赤くなったりします。

 

性病に限らず、病気は早期発見早期治療・治療より予防が大切です。

 

そもそも包茎って何?

男性はある年齢になると、陰茎(ペニス)先端部の皮膚、すなわち陰茎包皮が陰茎のつけ根の方へ後退して亀頭が露出するようになります。

 

しかし何らかの原因で成人しても包皮が後退せず、亀頭をおおったままの状態にあるものを「包茎」といいます。

 

俗に「皮かむり」と言われ、日本では昔から男の恥とされてきました。

 

包皮が後退して亀頭が露出する年代には個人差があるため一概に何歳からとは言えません。

 

一般的には性器が本格的な成熟をはじめる思春期以降であるといわれています。

 

包茎の人は意外に多く、ある統計によれば日本人男性の半数以上、約60%にみられるということです。

 

また、意外にも包茎は日本人だけではなく、全世界の男性のうち80%は仮性包茎だといわれています。